JA大阪南のブログ

春・初夏の果樹作業の安全

農作業事故2018.05.01

 

 日照時間が長くなると、木々の芽も膨らみ始めます。落葉果樹と常緑果樹では管理方法が違います。秋の収穫後に剪定(せんてい)などは済ませているでしょうが、春に行うことは、耕耘(こううん)、施肥、除草、樹形の手直し、棚の点検整備、授粉などでしょうか。耕耘や施肥は、木の幹に接近し過ぎないような注意が必要です。盃状仕立てや棚仕立ての圃場(ほじょう)では樹列と適切な距離を取らないとトラクターを幹にぶつけたり、可倒式安全フレームで枝や棚のワイヤーなどを傷付けることもあります。また、歩行型トラクターでの作業は、後退発進に際して後方に障害物がないか確認が必須です。

1804_春・夏の果樹作業の安全  
  樹形の手直しと棚をつるワイヤーなどの点検も大切な作業の一つです。矮(わい)性であっても管理が悪いと、どんどん高く伸びていき、管理作業や収穫作業の効率低下につながります。各種作業には高所作業台車や脚立も使います。高所作業台車での移動は台を下げなければいけませんし、斜面の作業では、足場の安全確認と、アウトリガーの適切な使用が必要です。脚立を使う場合には、変形がないこと、開き止めフックやチェーンが機能すること、安定した地面であることなどを必ず確認してください。脚立では天板の上に立ってはいけません。ワイヤーの張り替えなどは組み作業になります。連絡合図の方法などをあらかじめ確認してから作業を始めましょう。
 人工授粉などは上向き作業の連続ですので、首や肩への負担が大きくなります。明るい空を向いていると、立ちくらみなどを起こすこともあります。通常よりも小まめに休憩を設定しましょう。上を向いた移動が続きますので、地表面の障害物などはあらかじめ除去しておきましょう。さらに、花が実になる頃には、摘蕾(てきらい)作業も始まります。上向き作業の連続と枝の間に体を入れることになりますので、顔面保護具の使用も必要です。
 
    人間工学専門家●石川文武  
       
       

栄養豊か、花も楽しめるオクラ

あなたもチャレンジ!家庭菜園2018.05.01

 

 夏を越して晩秋まで果実(莢果)を取り続けることができ、フヨウに似た黄色い花は観賞用としてもめでられ、家庭菜園や庭先、プランター栽培共にお勧めです。アオイに似た花は観賞価値もあり、秋遅くまで咲き続けます。花も実もある重宝な野菜といえます。

 独特の粘りがあり、夏のスタミナ補給にうってつけの野菜として知られています。食べ方は刻んで生のままだけでなく、ゆでたり炒めたり、サラダやてんぷら、みそ漬け、かす漬けにと、使い道が広いのも魅力です。
 高温性で昼は25~30度、夜は20~23度が適温で、10度以下の低温では生育がまったく停止し、葉が黄変、落葉してしまいます。畑に植えたが一向に伸びず、落葉、枯死するという声がよく聞かれるのは、苗が低温に遭っていたり、植えた畑が寒過ぎたりした場合が多いのです。これを水不足と勘違いして水をやり過ぎると地温がさらに下がり、過湿となり立ち枯れ病が発生したりして失敗を助長してしまいます。
 育て方のポイントは、苗は3号ポリ鉢に、一晩水に浸した種を4~5粒まき、20度ぐらいに加温して育てるか、市販の苗を買い求め、暖かい場所で再育苗し、十分暖かくなってから畑に植え出します。最近はずいぶん早くから店頭に苗が並びますが、買い急ぎは禁物、失敗して再び苗を求めなくてはならない状態になってしまいます。
 図のように黒色ポリフィルムをマルチし、地温を上げてから植えることをお勧めします。
 オクラの育ちをよく見ると、初期には枝分かれせず、1株当たりの花・果数は少ないので、それを補い、早期収量を高めるために、畑でもプランターでも、1カ所に2株ずつ植えることを勧めます。前半は葉もあまり込み合わないので、これでちょうど良いのです。

1804_栄養豊か、花も楽しめるオクラ  
 

盛んに育ち枝が伸びだしてきたら、主枝の上の方を摘除し側枝に日を当て、健全に伸びるようにします。

 半月に1回、1株当たり小さじ1杯ぐらいの化成肥料を追肥します。

 近頃各地で葉を筒状に巻き食害するワタノメイガの発生が見られます。発見次第捕殺するか、適応殺虫剤を散布して防ぎましょう。

※関東南部以西の平たん地を基準に記事を作成しています。

 
    板木技術士事務所●板木利隆  
       
       

新入職員が農業体験

ニュース2018.04.27

 

4月25日から27日、2018年新入職員28名が3班に分かれ農業体験を行ないました。中筋ファーム(富田林市)で、促成栽培されるキュウリの整枝や髙山農園(太子町)では、ブドウの芽かき作業を体験しました。

O  
  O

参加した新入職員は「専業農家の方の作業を手伝いました。農作物を育てる上でのひとつひとつの作業工程に、一秒一分思いを込めて育てておられるのを感じた。JA職員として組合員の方々に早く信頼される職員になれるよう努力します」と述べました。

 
  この農業体験は、新入職員が農産物の栽培・管理に少しでも関わることで農業を身近に感じ、食と農の大切さや作物の栽培を理解することを目的に毎年実施しています。 O  
       
       
       

たくさんの思いに支えられ

ニュース2018.04.21

 

4月21日に叡福寺・西方院・太子和みの広場を会場に第11回太子聖燈会に協賛し、住民ボランティアと共に太子支店の職員が地域貢献の一環として毎年燈火カップの設営などに参加しています。

O  
  O このイベントは、聖徳太子の「和」の精神を尊び、太子町を訪れる人々の幸せを願うあかりを灯し、魅力あるまちづくりとまちの活性化につながることを願っており、1万燈のあかりが会場を彩ります。  
       
       
       
       

青壮年部が総会開催

青壮年部2018.04.21

 

O

JA大阪南青壮年部は、4月21日に富田林市市民会館で平成29年度通常総会を開催しました。

松井登志文部長は「青壮年部活動として、ボーリング大会、農業祭への参加、コスモス栽培による遊休農地対策・地域環境向上などに取り組んだ。また半夏生七夕まつりに多くの部員が参加して、地元のナス・ブドウを販売し活気ある活動を行うことができた」とあいさつ。

 
  中谷清組合長は「全国農業協同組合連合会が組合員の所得増大に寄与するため、昨年から水稲の一発肥料を大阪府下で一括仕入れし、値段を下げて販売することができた。JAでは、これからも全農とタイアップし、生産資材の価格引き下げに努力していく。皆さんは、JA大阪南の農業を担っていく方々です。JA大阪中央会の大阪農業振興サポートセンターが平成28年4月に立ち上がり、経営感覚に優れた農業経営者を育成するための大阪アグリアカデミアという講座や大阪No-1(のうワン)グランプリという経営強化プランのコンテストも開催されている。特に昨年のグランプリでは、決勝大会の8名中5名が当JAから選出され、河南支部の丸山さんが準グランプリを受賞した。青壮年部員の皆さんも、ぜひ受講して新たな感覚で農業に励んでほしい」と祝辞を述べました。

O

 
 

O

上程された議案は全て承認され、平成29年度に青壮年部員で、最も活躍した方に贈られる優良部員の青壮年部長表彰は、東條支部の南信宏さんが選ばれた。  
       
  本年度は役員が改選され、新部長に河南支部の丸山友規さんが選任された。 O  
 

新役員は以下のとおり

()内、は支部名

部長、丸山友規(河南)

副部長、石田典久(大伴)

副部長、村本博輝(喜志)

副部長、麻野元伸(駒ヶ谷)

会計、廣阪好男(錦郡)

会計監査、矢田具紀(東條)

会計監査、梅川雅史(太子)
O  
       
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.