JA大阪南のブログ

スプリングフェア開催

イベント2017.04.25

 

JA大阪南は、4月21日と22日、高向営農経済センターで「スプリングフェア2017」を開催し延べ523名が来場しました。

DSC_3099  
  DSC_3054

スプリングフェア(展示即売会)は春の恒例行事となっており、会場には、肥料農薬や農機具、自動車のほか、JAが取り扱っている美術工芸品、紳士服等の展示や販売を行いました。

 
 

また、白アリ防除や畳、省エネの相談会を実施。マッサージチェアの体験や、お漬物漬け方、網戸張り替え等も好評で、展示品の見学や園芸用品の購入に多くの来場者でにぎわいました。

DSC_3087  
  DSC_3087 会場では、来場された地域の方とふれあうため、支店の二階で来場者全員に、空クジ無しのガラガラ抽選や河内長野市管内の支店職員がフランクフルトやポップコーン、金魚すくいの模擬店を無料で行いました。  
    DSC_3107  
  DSC_3113    

太子聖燈会に協賛

イベント2017.04.24

  DSC_3191

JA大阪南は、22・23日大阪府太子町の叡福寺・西方院・和みの広場で開催された「太子聖燈会(たいししょうとうえ)」に協賛しています。

 
   今年で10回目を迎える「太子聖燈会」は、聖徳太子の「和」の精神を尊び、太子町を訪れる人々の幸せを願うあかりが、魅力あるまちづくりとまちの活性化につながってほしい、と願う太子町を愛する地域の人々の思いで始まっています。 DSC_3232

 

 
 

 

DSC_3199

 

DSC_3211

太子支店の職員は、燈火カップの設置・点火を地域の方々と一緒に行いました。  
 

 

今年の春も、聖徳太子が眠る地を、1万燈の灯火が彩りました。

 DSC_3231  
       
       
       

女性会羽曳野支部 通常総会を開催

女性会2017.04.21

 

女性会羽曳野支部は4月20日、羽曳野市立生活文化情報センター「LICはびきの」で平成28年度通常総会をおこないました。

 
  toukou_8814

 開会にあたり、仲谷文代支部長は「高齢化による会員の減少が進んでいるので、趣味などを通じて仲間を増やしていきたい」と挨拶しました。

 
 

来賓には、奥村泰男代表理事専務と羽曳野市の北川嗣雄市長、松永秀明生活環境部長が出席しました。

IMG_8828  
  IMG_8857

 平成29年度の事業計画案や顧問紹介・役員改選案など、提出議案は全て可決されました。

 
  通常総会終了後、ホール専属の演奏者によるパイプオルガン演奏を楽しんだほか、各班による発表会がおこなわれ、大正琴や銭太鼓、舞踊や民謡、体操、歌が披露され、会場を盛り上げました。 IMG_8876  
       

芝桜が見頃です

スタッフ日記2017.04.20

 

JA大阪南本店入口花壇の芝桜(しばざくら)が、綺麗に咲いています。 
平成26年から、毎年この時期に咲きそろいます。

 
  IMG_7869 IMG_7872  
  これは、第23回JA大阪府大会決議項目『豊かで暮らしやすい地域社会の実現』の「環境保全活動への取り組み」として、当JAでは“花いっぱい運動”として実践しています。  
   IMG_7870  IMG_7871  
       
  ※また今年度から、1支店で1農産物の栽培を行います。各支店・各営農経済センター・自動車農機整備センターで農産物栽培に取り組みますのでお楽しみに!  

基礎から学ぶ

ニュース2017.04.18

 

4月14日、太子支店で「第10期(平成29年度)JA大阪南農業塾」を開講しました。受講生として38名が参加します。
この農業塾は、これから農業を始めようとする農業初心者が基礎から学んでもらい、地域農業の将来を担う農業者の養成を目的としています。「安全安心な農産物の提供と地域農業の振興」の実現に向け毎年募集をおこない、今年で第10期の開催を迎え、過去346名の卒業生を送っています。

 
 

中谷清代表理事組合長は「当JA農産物直売所の開設に伴い、この農業塾を開校して第10期目となります。少量多品目の出荷を目指し、兼業農家の方にも門戸を開いて農産物の出荷をお願いしています。農業を取り巻く環境は厳しいですが、リラックスして農に取り組み、農を楽しみ、受講をきっかけに、友達を作って頂きたい。そして生産した農産物は、出荷者登録をしてあすかてくるで(羽曳野店・河内長野店)へ出荷して頂きたい。農業は自然相手。技術があっても、思うような栽培が出来ない事もありますが、これから1年間頑張ってほしい」とあいさつ。

DSC_2896  
  DSC_2910

府南河内農と緑の総合事務所農の普及課西崎優子課長は、受講に際し二つのお願いとして「卒業の暁には、大阪版認定農業者の申請が出来るよう頑張ってほしい。農薬の使用にあたって、使用者の安全、農作物の安全のためにも、農薬を適正に使用してほしい」と述べました。

 
 

農業塾の講師には、JA全農大阪府本部技術顧問の山岡敏一氏、エムシー・ファーティコム㈱営業本部大阪支社第一グループアドバイザー松岡照幸氏、大阪府南河内農と緑の総合事務所農の普及課職員、JA営農指導担当者らがあたります。

第一回目の講師は、松岡氏が「肥料の基礎について」の講義とJA担当者による肥料のJA主要銘柄の特徴と使用方法について説明しました。

DSC_2917  
 

今後は、12月まで月一回のペースで農薬の基礎や野菜、果樹、花卉栽培等の栽培に関する講習会と、圃場での研修や視察研修を行なう予定。

過去9回の受講生は卒業後、定年帰農者等登録制度や農産物直売所「あすかてくるで」の出荷者会員へ登録し、それぞれの形で農業に関わっています。

 
       
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.