JA大阪南のブログ

【640万トン】日本の年間「食品ロス」

数字で知る世界と日本の食2015.09.01

タイトル_数字で知る世界と日本の食
   

日本国内の年間の食品廃棄量は、食料消費全体の3割に当たる約2,800万トン(2012年度推計)といわれています。このうち、まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」は年間640万トンに上ります。

これは世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた食料援助量の2倍を上回る量です。

日本は多くの食べ物を輸入しながら、一方で食べられる食料を大量に捨てているのです。

食品ロスの半数は家庭から発生していると言われています。食材を買い過ぎず「使い切る」、「賞味期限」と「消費期限」の違いを理解して「食べ切る」工夫をするなど、少しでもロスを防ぐことが環境面、家計面からも重要です。

2015_09_日本の年間「食品ロス」
   
(監修=東京大学大学院農学生命科学研究科教授・中嶋康博)
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.