JA大阪南のブログ

感謝の気持ちを忘れずに

奇跡の復興米2016.09.14

JA大阪南青壮年部喜志支部は、9月14日富田林市立喜志小学校5年生76名が地域農家の方々と一緒に奇跡の復興米を刈り取りました。

東尾年三営農経済担当常務は、「みんなが喜志小へ入学する前に、東日本で地震が発生し、多くの犠牲者が出ました。その時に偶然見つかった3本の稲穂が奇跡の復興米と呼ばれ、震災を忘れないシンボルとして大阪で育てています。刈り取ったお米は、岩手県大槌町、熊本県益城町へ贈りますので気持ちを込めて刈り取りして下さい」と挨拶しました。

 

160914DSC_6854
160914DSC_6876

ボランティアで稲の世話をしている尻谷保喜さんが鎌の持ち方や稲の借り方等の手本を見せ怪我への注意をおこないました。

 

ぬかるんだ田んぼで稲刈りをした児童らは「泥んこで大変だったけど、楽しかった」「出来なかったことを体験させてもらえ、いい経験になりました」と話しました。

 

160914DSC_6903
160914DSC_6942 的場広旨校長は「刈り取る稲が勝手に育ったと思っては駄目。お米も生き物、手を掛ければ掛けるほど良い物になる。地域ボランティアの方々が世話をして頂いたお陰という感謝の気持ちを忘れず稲刈りして下さい」と述べました。
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.