JA大阪南のブログ

安全意識を高めよう

農作業事故2018.03.01

 

 農業者の方は、品質の良い作物を多く収穫し、収入拡大に結び付けることにまい進している日々でしょう。そのためには毎日の生活・作業が安全に行われることが必須です。

 交通死亡事故は年々減少の傾向を示しており、農作業死亡事故も最近は減少の兆しが見えてきました。しかし、事故ゼロには至りません。なぜでしょうか。誰もが意識して事故を起こそうとはしていませんが、飲酒事故がゼロにならないように「危ないことが起こるかもしれないが、自分は大丈夫」という自信過剰があることと、規律を守ることの意識が低いことから、飲酒運転事例が後を絶ちません。農作業事故でも同様に、基本から外れた使い方をすることによって発生する事故が大半です。

1802_安全意識を高めよう  
  事故が自分だけへの影響では済まないことを自覚しなければならないのです。事故を起こしたことに対して、医療費、賠償金の支払いや臨時の雇用など支出の増大の他に、社会的な批判、すぐには消えない精神的な負担、収穫適期を逃すことによる減収や品質低下など多くのマイナスとなって、事故者やその周囲に関わってきます。
 乳幼児や高齢者、障害のある人に対しては、安全確保のお手伝いをしなければなりませんが、そうではない年齢層では、自分で自分および仲間の安全を確保するように行動しなければいけません。過去に見聞きしたり経験した危ないことをわが身に当てはめて考え、実際の事故だけではなく、ヒヤリハット体験、さらに、何事もなく一日が終わったことに対する安全面からの検証などを行うことにより、安全は確保されていきます。
 安全の確保は、臆病とは違います。事故の芽を一刻も早く察知し、退治するか逃れることができるような意識を常に持つことが必要なのです。安全は自分で「創る」のです。
 
    人間工学専門家●石川文武  
       
       
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.