JA大阪南のブログ

春の水稲作業の安全

農作業事故2018.04.01

 

 春の農作業のうち、稲作について考えましょう。耕耘(こううん)、施肥、代かき、育苗、移植までです。まず、より大切なことを述べます。

 春作業は、耕耘から始まります。乗用トラクターを使いますが、耕耘や代かきでは旋回しやすいように片ブレーキが利くようにします。しかし1枚の圃場(ほじょう)作業終了後、他の圃場に移動するときや帰宅するときに、ブレーキを再連結することを忘れ、そのまま進入路を上がり、農道へ出た瞬間に適正な速度制御をしないと、慌ててブレーキを踏むことになります。片ブレーキとなって、転倒、転落や他の車との衝突事故などが発生します。トラクターには片ブレーキの表示装置がありますが、自動再連結ではありません。意識して再連結しましょう。進入路からの退出はゆっくり出ます。

1803_春の水稲作業の安全  
  育苗から、移植までも多くの危険があります。育苗箱への土入れと播種(はしゅ)では、箱運搬で腰への負担が大きくなり、不用意な姿勢では腰を痛めます。適正な数をできる限り腰に近い位置で持ちましょう。
 田植え作業は、筋肉労働ではなく、精神的な割合が高くなっています。直進を維持することと、適切なマット補給が大切です。補助者との苗マットの受け渡しもお互いの姿勢が不自然にならないよう配慮が必要です。サブソイラを通した所と田植え機の車輪が通る所が重ならないように注意が必要です。沈車が転倒を引き起こすこともありますし、トラクターなどで引き出すときに周りをかき回すことにもなり、大きな損失を招きます。また、田植え機の路上走行は原則としてできません。トラックやトレーラーに載せることが基本になります。無理な移動で他の自動車などとのトラブルを起こさないようにしましょう。
 
    人間工学専門家●石川文武  
       
       
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.