JA大阪南のブログ

園芸作物栽培作業の安全

農作業事故2018.07.01

 

 果樹や花卉(かき)以外の園芸作目には、根菜類、葉菜類、果菜類があります。これらには重量のある物、軽いけど大きい物、傷付きやすい物などがあります。作物それぞれに応じて、作業姿勢の改善や運搬方法の改善を行うことが必要です。露地野菜類は周年栽培ができる場合と、できない場合がありますが、どの作目でも、畑の耕耘(こううん)整地から苗作り、移植、肥培管理、収穫で栽培規模の違いによって、同一作業期間の長短はありますが、機械化が進んでいる作業と、人力依存作業が混在します。特に移植作業はそんきょ姿勢になるときも多く、体の各部への負担が大きくなり、腰痛や立ちくらみなどを起こしやすくなります。長時間の同一姿勢を避けるとともに、太ももやふくらはぎへの締め付けが強くなるような作業着は避けましょう。

1806 園芸作物栽培作業の安全  
 

 生育が進むと、雑草防除、追肥、畝立てなどがありますが、支柱の立て方の工夫や移動しやすいような畝間隔の確保が大切です。薬剤散布では、ドリフト防止に配慮しなければいけません。収穫期になると、農薬などの使用制限がある場合はその期限を守らなければいけません。

 収穫では、一斉収穫できる場合と選択収穫が必要な場合があります。一斉収穫では、機械化が可能ですが、選択収穫では、人手に頼ることになります。収穫物を載せる運搬具も大小さまざまですが、軽トラックが入れないような場所では一輪車が活躍します。積み過ぎて転倒などを起こさないようにしなければなりません。手首の捻挫や骨折の危険があります。スイカ、ハクサイ、カボチャなどは重量野菜になり、腰曲げ作業の連続になるので、必要に応じてアシストスーツの利用も便利でしょう。
 収穫後の選別、箱詰めなども作業場のレイアウトによっては作業動線が長くなります。負担が小さくなるようなレイアウトと照明、換気などの工夫をしましょう。圧縮空気を使うネギの皮むきでは、騒音対策、粉じん対策が欠かせません。周辺への配慮も必要です。

 
 

人間工学専門家●石川文武

 
       
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.