JA大阪南のブログ

果樹収穫作業の安全

農作業事故2018.10.01

  果樹の収穫シーズンです。安全作業を心掛けましょう。果樹の樹形も立ち木、棚作りとさまざまでそれぞれに適した収穫作業を行うことになります。立ち木の場合は枝の仕立て方にもよりますが、高所作業車、脚立、三脚はしご、はさみ、ミカン園では単軌条運搬機(モノレール)が主力の道具類になります。
 高所作業車の場合は、アウトリガーを使わずに作業して機体不安定となり、機械と共に転倒する場合と、機械と果実との位置関係が悪く無理に体を伸ばすことによる転落・転倒があります。また、移動時に作業台を下げずに操作し、枝にぶつかったりして転落事故も起きます。移動のときにはアウトリガーを収納し、作業台を最低位置に戻し、周囲の安全を確認して操作しましょう。
 脚立やはしごを使用している場合、設置時に脚を地面に押し込み安定を確認しましょう。開き止めを使わずに作業して脚立と共に転倒する事故も多発しています。樹形に対応した高さの脚立やはしごを使い分けましょう。脚立の場合、天板に立つのは禁止されています。転落の可能性が高くなります。脚立やはしごの場合には、収穫物を入れる籠などを片方の手で保持しがちですが、バランスを崩しやすくなります。首からぶら下げるなど工夫しましょう。

1809_秋の水稲作安全作業   
     モノレールは傾斜地圃場(ほじょう)での作業に便利ですが、乗用可能な機種と不可能な機種があります。乗用可ではないモノレールでは、絶対に乗車してはいけません。事故の際の給付や補償が得られない可能性があります。
 ブドウ園などの棚作りでの収穫は両手を上げた上向き作業が続きます。まぶしさを避ける工夫とともに首肩の疲労を小さくするように休憩を設定しましょう。
 圃場での収穫後は運搬作業になりますが、コンテナへの収容量を20kg以下に抑えましょう。数が増えるかもしれませんが、重量物運搬は腰などを痛める可能性が高いので無理をしないようにしましょう。
 
       
  人間工学専門家●石川文武   
       
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.