JA大阪南のブログ

復興米の稲わら贈呈

ニュース2018.11.18

 

JA大阪南は11月18日、「富田林市岩手県大槌町『奇跡の復興米』栽培委員会」が栽培指導し、富田林市立喜志小学校5年生が育て収穫した後の稲わら200㎏を、同校を代表した14名が天王寺動物園へ贈呈しました。

 

 O  
   O

奇跡の復興米は、東日本大震災で被災した、がれきの中から見つかり、復興のシンボルとして育てられたもの。当JAでは、中谷清代表理事組合長を委員長とする栽培委員会を立ち上げ、4年前から栽培に取り組み、当初1㎏の籾だねを毎年増やして2018年は2000㎏を収穫しました。

 

 
 

当日は、子どもたちや保護者、関係者を含め50人が参加した。子どもたちがそれぞれ動物園職員にラッピングした稲わらを手渡しました。

子どもは、「一生懸命育てたお米のわらが、動物たちに使ってもらえるのはうれしい」と感想を述べました。

 O  
   O 贈られた稲わらは、動物たちの飼育管理やイベントなどに使用する予定です。  
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.