JA大阪南のブログ

やっぱり大切だね、日本の豊かな食と農~その7~

やっぱり大切だね、日本の豊かな食と農2013.09.27

“もしもの未来”から見えてくる・・・。
やっぱり大切だね、日本の豊かな食と農~その7~
「田畑がこれ以上減ってしまったら・・・」

 201309syokutonou01_4c

◆豊かな水資源は
田んぼが守っている
田んぼに降った雨水や、稲作をするために張った水は、土にゆっくりしみこんでいきます。その水は細かい土の中を通るあいだに、よごれが取り除かれ、微生物の働きできれいになります。
また、地中にしみこんだ地下水の多くは、時間をかけて川に還元され、下流域の生活用水や工業用水として、わたしたちの生活を支えています。

◆日本人の4人に1人が地下水を利用
田んぼにはこうした地下水をはぐくむ機能があり、日本人の約4人に1人が、生活用水として地下水を利用しているといわれています(日本地下水学会)。しかし、TPPによって、政府は米の約30%が外国産に置きかわると試算しています。見方を変えると、田んぼの約30%が荒廃し、地下水やわたしたちの飲み水の供給にも、影響をおよぼすかもしれません。

(監修/東京大学大学院教授 鈴木宣弘)

 

JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.