JA大阪南のブログ

やっぱり大切だね、日本の豊かな食と農~その8~

やっぱり大切だね、日本の豊かな食と農2013.10.30

“もしもの未来”から見えてくる・・・。
やっぱり大切だね、日本の豊かな食と農~その8~
田畑がこれ以上減ってしまったら・・・ふるさとの景色が一変!?

201310syokutonou_4c-1

心いやされる里山の風景が失われてしまうかも
多様な生き物とはぐくむ自然と、人の暮らしが調和した、日本ならではの美しい環境、それが里山です。田んぼやため池、放牧地や雑木林など、人と生き物が共存する、豊かな農山漁村の原風景です。

2010年に日本で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で、日本は「SATOYAMAイニシアティブ」を提唱。農山漁村のさまざまな価値と、それを支える地域社会の重要性を訴えました。

ところがTPPの影響で、この里山が失われかねないのです。政府試算では、たとえば米の国内生産量は32%減少するとされ、もしもそうなった場合、里山の生態系が豊かに残る中山間地域が荒れかねません。農家がそこに暮らし、農業を営みながら雑木林の手入れなどをすることで、里山は維持されているのです。

日本が提唱した、里山の価値を守り育てる考え方。その意味を、私たちはもう一度、見つめ直したいものです。

(監修/東京大学大学院教授 鈴木宣弘)

 

JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.