JA大阪南のブログ

やっぱり大切だね、日本の豊かな食と農~その9~

やっぱり大切だね、日本の豊かな食と農2013.12.04

“もしもの未来”から見えてくる・・・。
やっぱり大切だね、日本の豊かな食と農~その9~
「外国が食料を売ってくれない・・・」

p24_11syokutonou01_4c

◆緊急時に対応できる
「食料自給力」が大切
日本の食料自給率は、カロリーベースで39%。約6割を輸入に依存している計算になります。気候変動や地域紛争、世界人口の増加など、食料を取り巻く国際情勢はつねに不安定。TPPによって関税が撤廃され、食料自給率がさらに下がってしまったら、わたしたちの食料をまかなえなくなるおそれがあります。

こうした事態を防ぐには、日本の食料自給率を高めることはもちろんですが、「食料自給力」を向上させることが不可欠です。これは、緊急時に日本の農業がどれくらいの生産力をもっているかを表す指標です。

食料自給力を高めるためには、高齢化や耕作放棄地など、農業が直面している課題を、まずは解決しなければなりません。そのうえで、農業資源、担い手、技術力といった食料生産を支える基盤を整えることが大切。つまり、総合的な農業の力を高めることこそが、食料を安定的に確保することにつながるのです。

(監修/東京大学大学院教授 鈴木宣弘)

 

JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.