JA大阪南のブログ

日本型食生活のすすめ~その9~

コラム2013.11.29

201311nihongata01_4c

極端な食事制限は、むしろ太りやすい体質になってしまうおそれがあります。食べない事でかえって基礎代謝が低下したり、脂肪を燃焼させるエネルギーが不足したりしてしまうからです。

また、脳が飢餓を感じて必要以上の栄養を摂取しようとしたりしますから、要注意です。きちんと食べて適度な運動をすれば、体の基礎代謝が上がり消費カロリーもアップしますよ。

そのためにもおすすめしたいのが、ごはんを中心とした日本型食生活です。たとえば、カロリーを消費するうえで欠かせない筋肉を作る栄養素は、たんぱく質です。日本型食生活の調味料や食材として活躍するみそ、しょうゆ、豆腐、納豆などは、大豆からできています。「畑のお肉」と呼ばれる大豆が、良質なたんぱく質源であることは、みなさんよくご存知ですよね。洋食に比べて脂質などを少なくおさえられるのも、うれしいメリットです。

また、日本型食生活には、発酵食品が多く含まれるのも特徴です。発酵食品には、脂肪の合成をおさえ、体内の脂肪細胞に脂肪をたまりにくくさせる必須アミノ酸や、エネルギー代謝に不可欠なビタミンB群なども多く含まれます。

極端な食事制限ではなく、おいしく食べて健康的に痩せる食生活を心がけましょう!

201311nihongata02_4c

「日本型食生活とは」・・・
日本型食生活とは、ごはんを主食にした伝統的な和食に、牛乳や乳製品、肉、卵、果物などを組み合わせた献立のこと。栄養バランスに優れているとされています。

「みんなのよい食プロジェクト」は、体と心を支える食のたいせつさ、国産・地元産農畜産物の豊かさ、それを生み出す農業の価値をお伝えし、国産・地元産農畜産物と日本の農業の応援団になっていただこう、という運動です。

 

JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.