JA大阪南のブログ

やっぱり大切だね、日本の豊かな食と農~その10~

やっぱり大切だね、日本の豊かな食と農2014.01.20

“もしもの未来”から見えてくる・・・。
やっぱり大切だね、日本の豊かな食と農~その10~
「輸入食材が安いとは限らない・・・」

201312syokutonou01_4c

◆わたしたちの食卓は、“ 値上がり”と隣あわせ
最近、円高や円安という話題がニュースなどで、よく取り上げられています。経済の世界だけの話かと思われがちですが、食料の6割を輸入品に頼るわたしたちの食卓にも、じつは多大な影響をおよぼしています。

昨年、一部メーカーでは、食品の値上がりが相次ぎました。その一つは食パンです。輸入品の価格が上がる円安に加えて、近年の世界的な干ばつによる不作で、原料の小麦価格が高騰しているからです。マヨネーズも値上がりしました。これは、油脂の原料である輸入大豆の価格が、小麦と同じ理由で高騰しているためです。輸入大豆の高騰は、豆腐や油揚げの値上げにもつながっています。一方、輸入豚肉の高騰から、ソーセージの内容量を減らした食品メーカーもあります。

このように、世界の食料事情はつねに不安定で、私たちの身近な食品が、突然値上がりしてもおかしくない状況にあります。輸出国が自国民を優先させることで、場合によっては、売ってもらえない事態だって起こりうるのです。食料をなるべく輸入に頼らず、国産をだいじにしなければならない理由は、こうした点にもあるのです。

(監修/東京大学大学院教授 鈴木宣弘)

 

JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.