JA大阪南のブログ

日本型食生活のすすめ~その12~

コラム2014.02.17

201402nihongata01_4c

全身、とくにおなかにつく“ぷよぷよ”の正体は中性脂肪です。これは、おもに体内に入った脂肪や糖分からできています。つまり、“ポッコリ”おなかの解消には、脂肪と糖分を取りすぎないことが大切です。

まず、脂肪は食材や部位、調理法によって、ある程度コントロール可能です。たとえば、魚の脂肪は、人間の体内で溶けて排泄されやすいため、中性脂肪になりにくい特徴があります。

また、肉は食べる部位や調理法によって、脂肪の摂取量が変わります。たとえば鶏肉でいえば、皮→もも肉(皮付き)→もも肉(皮なし)→ささみ、の順で、調理法でいえば、揚げる→炒める→煮る→蒸す→ゆでる、の順で脂肪の量は減っていきます。

一方、糖分は腸で吸収され、全身に運ばれてエネルギー源となりますが、運動不足などで使われなかった分は蓄積され、中性脂肪のもとになります。だからといって、ごはんなどの主食を過剰に制限するのは、よくありません。むしろ気をつけたいのは、体に吸収されやすい砂糖の取りすぎです。顕著なのは、菓子やジュースなどの間食でしょう。

これらをなるべく控えるためにも、低カロリーで腹持ちがよく、脂肪分も少ないごはんを中心とした日本食メニューを作れば、糖分や脂肪を手軽に抑えることができます。

201402nihongata02_4c

 

「日本型食生活とは」・・・
日本型食生活とは、ごはんを主食にした伝統的な和食に、牛乳や乳製品、肉、卵、果物などを組み合わせた献立のこと。栄養バランスに優れているとされています。

「みんなのよい食プロジェクト」は、体と心を支える食のたいせつさ、国産・地元産農畜産物の豊かさ、それを生み出す農業の価値をお伝えし、国産・地元産農畜産物と日本の農業の応援団になっていただこう、という運動です。

 

 

JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.