JA大阪南のブログ

花壇をキレイに美しく

スタッフ日記2012.07.27

7月26日の業務終了後、本店入口の花壇で、総務部職員による花の植栽と庭木の剪定作業をしました。 花苗の植え付け準備とエンジン式バリカンによる豪快な剪定 手慣れた剪定作業と花苗の配置を思案中 そして作業後・・・ 入口左側 入口右側 カラフルな花の植栽と丁寧な剪定によりキレイさっぱり。 そして今回の目玉は、花の「JA」の文字! 夕刻ではありましたが、当日は35℃を超える猛暑日。 全員が大量の汗をかきながら、黙々と作業をしていました。 お疲れさまでした!

地元の梅で手作り梅干し

女性会2012.07.24

JA女性会羽曳野支部生活改善部(会長 新熊輝子さん)は7月18日、埴生支店で梅の土用干しを行いました。 同部は、地産地消を目的として毎年部員で協力して梅干し作りに取り組んでおり、今年も会員14名が地元の畑で育った南高梅約500㎏の収穫を行い、シソのもみ入れ作業、土用干しまで手作業で行いました。 出来上がった梅干しは、農産物直売所「あすかてくるで」や地元羽曳野市内のイベント等で販売される予定で、手作りの梅干しは、毎年好評な売れ行きとなっています。 土用干しの作業で梅を1つずつ丁寧に並べる女性会員の皆さん

いちじく部会KUレディースが加工会社を視察

ニュース2012.07.24

羽曳野市果樹振興会いちじく部会KUレディース*は、7月12日に和歌山県にある農業生産法人「株式会社 早和果樹園」へ視察研修に行きました。 同果樹園は、みかんを原料にしてジャムやジュースを製造する会社で、研修は工場見学のほか、加工や販売のこだわり等について同果樹園の職員から熱心に聞いていました。 会員12名が参加し、参加者は「加工作業において参考となる点が多く、今後の活動に繋がる研修となった。」「工場見学で、加工方法の共通点や相違点を学ぶ事ができた。」と話していました。 今後のグループ活動に活かされることを期待しています! *「羽曳野市果樹振興会いちじく部会KUレディース」 羽曳野市のいちじく農家で、いちじくの加工品のジャムや冷凍いちじくの実を製造販売している女性のグループ

「小山田の桃」売れ行き好調!

ニュース2012.07.20

当JA管内特産の「小山田の桃」の販売が、今月中旬から始まり売れ行き好調です! 桃の品種は「白鳳」「紅清水」「昭和白桃」等で、常連のお客様の他にも、口コミや当JAの広報誌を見て初めて来店されるお客様も増えています。 直売所は当JA本店、河内長野支店、千代田支店、三日市支店と、国道371号線バイパス尾崎交差点付近、楠ヶ丘交差点付近の臨時直売所で販売しており、8月中旬頃まで営業を行う予定です。 直売所の営業時間は、河内長野支店と千代田支店は10時から15時30分までとなっており、その他は10時30分から15時30分までの予定です。 営業時間及び販売期間は桃の成育状況により予告なく変更される場合があり、店頭で出揃う品種や出荷量も直売所や日によって多少の違いがあります。 生産者の方に話を聞くと、「桃の出荷時期は昨年とほぼ同じですが、今年は天候に恵まれた為、桃の実は大ぶりで糖度が高いものが多く高品質です。お中元やお供え物にもぴったりだと思います」と話されていました。 今年の夏は、「小山田の桃」を、是非ご堪能下さい! お問合せ:小山田地区桃振興研究会事務所 TEL: 0721-53-6789 又は、JA大阪南千代田支店 TEL: 0721-53-2308 また、当JAの広報誌「はばたき」8月号に、小山田地区桃振興研究会の会長北野順三さんの桃栽培についての話や、桃を美味しく食べる為のワンポイントアドバイス等「天地人」コーナーで紹介しておりますので、「はばたき」8月号の「天地人」コーナーも是非チェックしてみてください♪  

ぶどう棚でかぼちゃ栽培?!

ニュース2012.07.18

太子町春日の籾山善胤さんの畑におじゃましました。 籾山さんは、一部のぶどう棚を利用して、今年からかぼちゃ作りに挑戦されています。 籾山さんにお話を聞くと、「露地栽培のデラウェアは、カラスやイノシシなどの被害が多く、苦労ばかりだったので、今年はぶどうの樹を倒し、かぼちゃ作りに挑戦した。」とのことです。 ブドウ棚?の中に入ると、そこに垂れ下がっているのは、「ぶどう」ではなく「かぼちゃ」!! 5月上旬に「栗将軍」「ロロン」の2種類のかぼちゃの苗を植えられました。 籾山さん   この土地は、現在ぶどうの産地であるが、火山灰が多く含まれていて、ぶどう栽培が広まる以前は「塚原芋」というさつまいもの産地で甘くておいしいと評判だったそうです。 「鳥獣被害と労力の軽減を考え、かぼちゃなら手間がかからないと思い栽培したが、初めての試みのため、雌花があまり咲かず、たくさん収穫できるか心配。 どんな味になるか楽しみ。塚原芋のように甘いかぼちゃになったら嬉しい。来年も是非挑戦したい。」と話す籾山さん。 まもなく(7月18日現在)収穫が始まり、JA大阪南農産物直売所「あすかてくるで」などで販売される予定です。
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.