JA大阪南のブログ

市民を対象にした栽培講習会を開催

ニュース2012.04.16

大阪狭山市営農指導者会(会長中林 勉さん)主催の「夏野菜栽培講習会」が4月14日、当JA狭山東支店で開催されました。 この講習会は、毎年春と秋に同市の広報誌を通じて、市民の方々へ参加を募集して開催されています。 今回は同市民44名が参加され、年齢層は60歳前後の方が多く、女性の参加も年々増加しています。 講師として当JAの営農指導課職員がパワーポイントを使い、夏野菜の栽培についてや、土作りの大切さ、肥料の種類とその性質などを説明しました。   講義の最後には質疑応答があり、参加者からは緑のカーテンの育て方や、家庭菜園についての質問がありました。終了後は参加者へ、ナス、キュウリ、ミニトマトの苗をプレゼントされました。 当JAの営農指導部は、講習会開催当初の平成18年から講師を担当しています。今後も市民との交流と、農業者育成に向けて、営農指導者会のサポートを続けていく予定です。

高向センター「スプリングフェア2012」を開催

ニュース2012.04.16

4月13日と14日、高向営農経済センターで「スプリングフェア2012」を開催しました。会場には、自動車、農機具、肥料農薬のほか、当JAが取り扱っているオール電化、紳士服、石材石碑等の展示販売が行なわれました。 当日は、マッサージチェアの体験や、オール電化コーナーでのIHグリルで作った無添加の手作りケーキの実演と試食がありました。他にも絨毯や印鑑、木彫りの美術工芸品など、生活に関わる多くの商品が展示されました。 また、先着100名様限定で1パック100円のイチゴも販売され、人気コーナーとなっていました。 来店したお客様からは、「信用できる良い品物がたくさんありました。」「試食や無料体験等、色々な種類の商品を一度に見れて面白かった。」という声がありました。

農業塾開講

ニュース2012.04.13

JA大阪南は4月12日、同JA太子支店で「平成24年度JA大阪南農業塾」を開講しました。 今年度の受講生は30歳から60歳の男女41名で、うち6名が女性です。この農業塾は同JAが地域農業の将来を担う農業者を養成し、「安全安心な農産物の提供と地域農業の振興」の実現に向け、毎年一般より募集しているもので、今年で4年目です。 開講にあたり、東尾年三営農経済担当常務より「地域の農業者育成確保の為、受講生の皆さんには農業の基礎から学んで頂き、技術を積み上げて、卒業後は当JAの農産物直売所『あすかてくるで』等で販売出来るように頑張ってください」と挨拶しました。 その後、農業塾の第一回目として肥料の基礎についての講習が行われました。 今後は野菜、果樹、花卉栽培や、土壌、病害虫防除の基礎に関する講習会と、圃場での研修や視察研修を月1回のペースで12月まで行なう予定です。 過去三回の受講生は卒業後、定年帰農者登録制度に登録したり、農産物直売所「あすかてくるで」の出荷者になる方等それぞれの形で農業に関わっています。 JA大阪南では、今後もより多くの農業者を養成していきたいと考えています。

大阪なすの目揃え会と意見交換

ニュース2012.04.11

JA大阪南茄子部会(会長 竹本和永さん)は4月10日、富田林市の門前屋で、「大阪なす」の目揃え会と意見交換会を開催しました。 茄子部会本部役員をはじめ、市場関係者、全農大阪府本部、JA大阪南出荷関係職員ら合わせて45名が出席しました。これは、「大阪なす」のブランド化を図るため、箱詰めや品質の平準化などを徹底して、市場での有利販売や特産物としてPRできるように、本格的な出荷前に毎年開催されています。 開会を前に同JAの中谷清組合長は「出荷者の皆さんには、安全・安心な「大阪なす」の生産と市場関係者の皆さんには有利販売して頂くようお願いしたい」と挨拶しました。 目揃え会ではサンプルのサイズ、色、箱詰め方法等を確認し合い、意見交換会では今年の出来ばえを話し合いました。 今年の「大阪なす」は低温の影響で昨年に比べ成育が遅いが、例年通りボリュームがありやわらかく、高品質となっています。

「ニュース&トピックス」がはじまります

ニュース2012.04.01

JA大阪南の旬な情報をお届けする「JA大阪南ニュース&トピックス」がはじまります。
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.