JA大阪南のブログ

振り込め詐欺被害防止キャンペーンを実施

ニュース2018.10.12

 

10月12日に羽曳野警察と共に振り込め詐欺被害防止キャンペーンを道の駅しらとりの郷で実施しました。

農産物直売所「あすかてくるで羽曳野店」の来店客に、羽曳野警察署員、一般社団法人大阪府警備業協会のメンバー、JA職員がチラシを配り啓発運動を行いました。

O  
  O

全国地域安全運動は、10月11日から20日までの10日間、啓発運動が全国各地で行われJA大阪南も協力しました。

期間中の活動重点は、①子どもや女性を対象とする犯罪の被害防止②特殊詐欺の被害防止③自動車関連犯罪及びひったくりの被害防止とし、特殊詐欺の被害防止を目的とした「だまされへん そんなあなたが 狙われる」「キャッシュカード 求める電話 すべて詐欺」をキャッチフレーズに啓発活動を展開します。

 
 

羽曳野署管内では、上半期(1月から9月まで)の特殊詐欺被害が昨年の25件から本年度は12件に減っています。

JA大阪南では、窓口で預手プランを実施し、ご利用者の皆さまの大切な貯金を守るため、職員による声かけ運動を展開していきます。

O  
       

廃棄農業用フィルムを収集

JA自己改革2018.10.10

 

JA大阪南営農指導課は、富田林市産業環境部農業振興課と10月9日10日の両日、台風21号で発生した廃棄農業用フィルムの収集を行いました。

O  
  O

回収については、事前に富田林市内農業者へ案内され、両日で57人(約10トン)が持参されました。

富田林市内には、特産の大阪なすや大阪きゅうりの栽培用施設が数多く設置されており、施設に多大な被害がありました。

 
 

JAでは、被災した施設のビニールハウスの再建費用の一部を助成する考えを示しています。

今回の回収は、台風による被害を受けた農業用フィルムのみとし、パイプハウス等の鉄柱のものについては、営農指導課へ問い合わせを受け対応します。

O  
       
       
       

復興米を稲扱き

奇跡の復興米2018.10.09

 

10月10日富田林市立喜志小学校の生徒76人が、奇跡の復興米を稲扱きしました。地元農家や市民団体、青壮年部やJA職員が作業を手伝いました。

O  
  O

9月18日に手刈りされ、稲架(はさ)で干された稲束をコンバインで脱穀しました。稲藁は、他の圃場と合わせて約200㎏を天王寺動物園へ送り、動物の敷物に利用される予定です。

 
  奇跡の復興米とは、2011年3月に発生した東日本大震災を生き延びた稲をルーツとし、JA大阪南では、震災を風化させない取り組みを始めて5年目となります。 O  
       
       

供出米の検査開始

ニュース2018.10.09

 

10月9日より、JAに出荷される2018年産米の出荷検査を始めました。台風の影響で5日遅れて開始されました。

O  
  O

検査を担当するJA職員は「食味は平均値を示しているが、収量は猛暑の影響で生育不良による小米が多く見受けられる。まだ検査が始まったばかりなので、今後の出荷に期待したい」と述べました。

 
 

本年度分から、出荷され販売される玄米には、JA大阪南のイメージキャラクター「みなみちゃん」のデザインを配し、色彩選別処理済みと明記しています。

出荷される玄米は、農産物直売所「あすかてくるで」での販売や学校給食などに利用されます。

O  
  O 検査は十一月十五日まで実施され、数量は13000本(1本30㎏)を予定しています。  

採れたてに会おう

JA自己改革2018.10.02

 

農産物直売所「あすかてくるで」は、10月2日の「直売所(ファーマーズマーケット)の日」に因み、10月1日からJAカードで1500円以上のお買い物をされたお客様に、ちょリスオリジナルレジカゴ用バッグのプレゼントを実施しました。

O  
  O

開店より金融部職員が対応し、レジバックはJA直売所限定品でなくなり次第終了します。

 
  対応した職員は「昨年から、直売所の支払いにJAカードを利用してもらうと請求時に5%の割引サービスがある。今回のイベントを通じて、もっとJAカードの利用が増えてほしい」と述べました。 O  
       
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.