JA大阪南のブログ

果樹収穫作業の安全

農作業事故2018.10.01

  果樹の収穫シーズンです。安全作業を心掛けましょう。果樹の樹形も立ち木、棚作りとさまざまでそれぞれに適した収穫作業を行うことになります。立ち木の場合は枝の仕立て方にもよりますが、高所作業車、脚立、三脚はしご、はさみ、ミカン園では単軌条運搬機(モノレール)が主力の道具類になります。
 高所作業車の場合は、アウトリガーを使わずに作業して機体不安定となり、機械と共に転倒する場合と、機械と果実との位置関係が悪く無理に体を伸ばすことによる転落・転倒があります。また、移動時に作業台を下げずに操作し、枝にぶつかったりして転落事故も起きます。移動のときにはアウトリガーを収納し、作業台を最低位置に戻し、周囲の安全を確認して操作しましょう。
 脚立やはしごを使用している場合、設置時に脚を地面に押し込み安定を確認しましょう。開き止めを使わずに作業して脚立と共に転倒する事故も多発しています。樹形に対応した高さの脚立やはしごを使い分けましょう。脚立の場合、天板に立つのは禁止されています。転落の可能性が高くなります。脚立やはしごの場合には、収穫物を入れる籠などを片方の手で保持しがちですが、バランスを崩しやすくなります。首からぶら下げるなど工夫しましょう。

1809_秋の水稲作安全作業   
     モノレールは傾斜地圃場(ほじょう)での作業に便利ですが、乗用可能な機種と不可能な機種があります。乗用可ではないモノレールでは、絶対に乗車してはいけません。事故の際の給付や補償が得られない可能性があります。
 ブドウ園などの棚作りでの収穫は両手を上げた上向き作業が続きます。まぶしさを避ける工夫とともに首肩の疲労を小さくするように休憩を設定しましょう。
 圃場での収穫後は運搬作業になりますが、コンテナへの収容量を20kg以下に抑えましょう。数が増えるかもしれませんが、重量物運搬は腰などを痛める可能性が高いので無理をしないようにしましょう。
 
       
  人間工学専門家●石川文武   
       

たくさん育て、たくさん食べよう タマネギ

あなたもチャレンジ!家庭菜園2018.10.01

 

切ると出る涙の原因は硫化アリル、ビタミンB1の吸収を助けて新陳代謝を活発にし、コレステロールの代謝を活発にし、血液をサラサラにして動脈硬化や高血圧、糖尿病を予防する効果もあります。近年明らかになったところによると、野菜の中では最も細菌病、大腸菌などを寄せ付けず、安全性では極めて優れていることが裏付けされています。
 タマネギは病害に強く、毎年同じ畑でも作れるので、自家菜園の作付けにとっても大変有利です。貯蔵力もあり、使い道も幅広いので、たくさん育てることをお勧めします。
 家庭菜園では、通常晩秋に出回る苗を買い求めて育てる場合が多いのですが、ご承知のようにタマネギは黄、白、赤の品種があり、収穫期の違う極早生、早生、中生、晩生と特徴のある数々の品種があります。
 これらを上手に育て楽しむには、自分で好みの品種を選び、種子から育てる必要があります。特に直売など販売を目的とする場合は、苗代の負担も大きくなってしまいます。
 種まきの適期は、極早生8月下旬~9月上旬、早生9月上旬、中生9月中旬、晩生は9月下旬です。適期まきはとても重要なことなので、地元のJAや種苗専門店、栽培農家などに聞いて決めることが大切です。特に中晩生の品種を早くまき過ぎると、越冬するまでに大きく育ち過ぎ、寒気に感じ過ぎてとう立ちするものが多く、失敗します。
 苗を上手に育てるには、苗床の前作を早めに片付け、種まきの20日以上前に完熟堆肥と石灰、化成肥料をよく耕やしておきます。トマト、ナスなどの強い根が残る野菜の跡地は避けてください。

1809_たくさん育て、たくさん食べよう タマネギ  
 

 種まき前にベッドを作り、図のように丁寧にベッドの表土をならしてから約1~2cm間隔ぐらいに均一に種をまきます。そしてふるいで2~3mmほどの厚さに、満遍なく覆土し、板切れなどで軽く表土をたたいて鎮圧し、その後ジョウロでたっぷり灌水(かんすい)します。
 その上に細かく砕いた完熟堆肥をごく薄く覆い、その後苗床全面を稲わらやべた掛け資材を二重に覆い、残暑や乾燥、台風や強風の被害から守ります。
 種まき後5~7日で発芽し苗が伸び始めたら、これらの被覆資材は取り除き、ジョウロでたっぷり灌水して生育を促します。

※関東南部以西の平たん地を基準に記事を作成しています。

 
       
    板木技術士事務所●板木利隆  

地元農家との座談会に参加

JA自己改革2018.09.29

 

富田林市農業委員会(中谷清会長)は、9月29日グリーンピア東条(富田林市)で「第4回地区座談会(東条地区)」を開催。JA役職員の他、大阪府農業会議、大阪府みどり公社の職員が出席し、地元農家26名が参加しました。

O  
  O

 中谷清会長は「台風21号の影響で、JA大阪南管内の農業施設や農産物に、相当な被害が出ている。国・府にも働きかけをしているところだが、JAとしても支援を検討してる。農業委員会法の改正にともない、農地最適化推進委員として出来るだけ遊休農地の解消に努める、担い手を育成していく、それらの為に、農地の集積が必要となり、農地等の利用の最適化の推進業務が設けられた。しかし、当地区では農業活性化推進協議会として、すでに取り組んでおられるが、新たな国の様々な取り組みも知って頂きたい」と述べました。

 
 

1部では、富田林市農業の振興と農業委員会の役割や農空間保全地域制度、農空間整備事業、農地中間管理事業などについて説明があり、2部では地元農業者と行政と共に意見交換を行いました。

O  
  O 参加者からは「地域に合った施策が必要。農業に魅力を持ってもらえる所得確保等の態勢が後継者づくりに繋がる」、「後継者が不足しているのは、農業だけでは食べていけないのが根幹にある」、「圃場整備のためには規模が小さい。法人化も検討すべきではないか」等の意見がありました。  

ライスセンター本格稼働

JA自己改革2018.09.25

 

9月25日よりライスセンター(富田林市龍泉)で、平成30年産米の乾燥調整もみすりなどの受託を始めました。

 O  
   O

昨年の受託数量は744トン、色彩選別機の利用は130トン。台風21号に続く24号の強風と雨の影響等で、倒伏による品質の劣化が心配されるが、今年度より籾摺りラインに色彩選別機が導入されたことにより着色米などが除かれ、一等米比率のアップが見込まれるので農家所得の向上が期待されます。

 

 
 

9月28日には、新しく導入された色彩選別機の視察に、営農経済委員会の非常勤役員が同センターを訪れました。

 O  
   O  同センターでは、11月4日頃まで稼働し、今年産米も昨年以上の利用を見込んでいます。  

府へ要望書提出

ニュース2018.09.25

 

9月25日、台風第21号による管内の農業被害対応について、被害状況を取り纏め、現状報告を兼ねて災害の復興支援を大阪府へ要望しました。中谷清代表理事組合長、北野正治実行組合長会連絡協議会会長他、役職員が咲洲庁舎の環境農林水産部の竹柴清二部長を訪ねました。

O  
  O

中谷組合長は「被害状況は概ね確認できた。農業用ハウスの被害面積や金額、農作物の被害金額は甚大なものになった。JAとして、独自の支援を行っていく用意がある。大阪府からもご支援をおねがいしたい」と述べました。

 
 

竹柴部長は「咲洲庁舎から、風で飛ばされる自動車が確認出来るほど、強風だった。府から農林水産省へ農林水産業被害への支援策の実施に関する提案・要望を行い、被災された農業者のみなさんが一刻も早く復旧できるよう働きかける」と述べました。

O  
  image003 管内農産物の梨や桃の落下、特に生長期に影響を受けたエビイモやキュウリの今後の生育が懸念されます。  
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.