JA大阪南のブログ

農業フェア開催

ニュース2018.08.21

 

O

河南町農業フェア実行委員会(会長 松井嘉昭さん)は、8月21日河南町農村活性化センター(道の駅かなん)でいちじく展示品評会を開催し23点のイチジクが出品されました。  
   松井会長は「今日の河南町特産のいちじく展示品評会は、同町の農業振興を目的に開催しています。春の農産物展示品評会と併せて、フェアを通じてますます地域の農業が発展することに期待したい」とあいさつ。

O

 
  O 武田勝玄河南町長は「大阪府のイチジク収穫量は、愛知県、和歌山県に次いで、全国第3位と聞いている。羽曳野市・藤井寺市・河南町が集まれば、ブランド化や品種改良など、様々な取り組みも期待出来る」と述べました。  
 

審査は、南河内農と緑の総合事務所農の普及課職員と大阪南部合同青果の常務が、外観・形状・加色・大きさ・形のそろい・病害虫の有無・糖度などについて表彰対象を選出し6月に開いた農産物展示会と併せて、河南町長賞などの各賞を決定します。

O  
  O

南河内農と緑の総合事務所農の普及課西崎優子課長は「今年の生育は凍害と思われる発芽遅れが見られたが、4月から6月に高温が続いた事により、生育が1週間から10日早く、7月中旬の大雨や梅雨明け以降の高温、台風の影響など、例年にない天候不順で農家の方はご苦労されたと思う。しかし出品物はいずれも高品質で甲乙付けがたい出来映えです。今後もこのような品評会の上位入賞を一つの目標とし、栽培管理技術や品質農向上をさらに磨き、同町や大阪農業の発展に貢献してほしい」と講評しました。

 
  JA大阪南管内の河南地域は、イチジクの生産地として品質や技術の向上を目的に、毎年品評会を実施しています。    
       

意見交換会に参加

JA自己改革2018.08.19

 

8月19日、富田林市農業委員会(中谷清会長)が農地等の利用の最適化を目的として開催された喜志地区の地区座談会にJAの役職員が参加しました。

O  
  O

 大阪府農業会議、大阪府みどり公社、同市農業振興課も出席しました。富田林市内の地区座談会は3回目となります。

 
 

中谷会長は「農業委員会法の改正に伴い、農地等の利用の最適化が新たな業務となった。農地を取り巻く問題解決には必要なものだ。座談会では、今後の同市内における農業行政の方向性について意見を伺いたい」とあいさつ。

 

O  
  OO

最近の農業情勢の報告として、農業委員会から委員会の役割について説明があり、大阪府南大河内農と緑の総合事務所から農地中間管理事業を報告しました

 
  座談会では、農地集積の面積問題や高齢化による後継者不足、野焼きの苦情など、農業を取り巻く諸課題などについて意見がありました。 OO  
       

経済事業をPR

ニュース2018.08.18

 

8月17、18日の両日、農機具・農業用資材・生活物資の展示即売をメーンとした「サマーフェスタ」を太子営農経済センター(太子町)で開きました。

O  
  O

 来場者に地元産のブドウを無料で配布しPRしました。

美術工芸品などの展示、省エネ機器への買い替えや光熱費の削減などの相談の各コーナーを設けた。来場者らは、営農経済センターが取り扱う商品を、直接メーカーの担当者から説明を受けるなどしていました。

 
  18日は太子支店の職員が、地域住民の方々にJAに親しみを持っていただくため模擬店を行いました。 O  
       

農業と歴史を探検

JA自己改革2018.08.17

 

DSC00285

8月17日、小学生を対象とした「小学生農業・近つ飛鳥博物館探検ツアー」を開催しました。食農教育の一環として毎年開催し、小学生と保護者81名が参加しました。  
 

 太子町の松本良平さんのブドウ園で種なし巨峰の収穫体験を行い、参加者は「粒が大きい」「甘くて美味しい」と感想を話しました。

IMG_2279

 
  IMG_2381

その後、JA東部育苗センターでは、播種(はしゅ)から育成までの秋野菜苗作りの工程を見学。

 
 

昼食は地元の農産物を使った料理を味わいました。

IMG_2412  
  IMG_2432

南河内郡河南町の府立近つ飛鳥博物館では、古代の農具等を見学し、古代の米作りを学びました。

 

 
 

また、学芸員と近つ飛鳥風土記の丘を散策しながら、保存されている古墳の石棺を見学しまし。

DSC00330  
  IMG_2395 土井広和専務は「ブドウ狩りやJAの施設見学で、農業に興味を持つきっかけ作りになれば嬉しい」と話しました。今後も、食と農の魅力を地域住民に伝える活動を行います。  
       

軽トラック市を開催

ニュース2018.08.11

 

藤井寺市朝市連絡協議会は、8月11日、藤井寺市役所前ふれあい広場で軽トラック市を開催し、新鮮な地元の野菜や特産のイチジクなどを販売しました。

O  
  O

藤井寺支店の職員が、販売や持ち帰り用の荷造りを手伝いました。加川哲夫副会長は「藤井寺でも安全安心な農産物があることをPRできた。今年は猛暑で特産のイチジクが甘くて美味しくなっている」と述べました。

 
 

この軽トラック市は、3年前から実施し、5月から12月(5月を除く)まで年8回朝市と併用開催しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  
       
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.