JA大阪南のブログ

    意見交換会に参加

    JA自己改革2018.08.19

     

    8月19日、富田林市農業委員会(中谷清会長)が農地等の利用の最適化を目的として開催された喜志地区の地区座談会にJAの役職員が参加しました。

    O  
      O

     大阪府農業会議、大阪府みどり公社、同市農業振興課も出席しました。富田林市内の地区座談会は3回目となります。

     
     

    中谷会長は「農業委員会法の改正に伴い、農地等の利用の最適化が新たな業務となった。農地を取り巻く問題解決には必要なものだ。座談会では、今後の同市内における農業行政の方向性について意見を伺いたい」とあいさつ。

     

    O  
      OO

    最近の農業情勢の報告として、農業委員会から委員会の役割について説明があり、大阪府南大河内農と緑の総合事務所から農地中間管理事業を報告しました

     
      座談会では、農地集積の面積問題や高齢化による後継者不足、野焼きの苦情など、農業を取り巻く諸課題などについて意見がありました。 OO  
           

    農業と歴史を探検

    JA自己改革2018.08.17

     

    DSC00285

    8月17日、小学生を対象とした「小学生農業・近つ飛鳥博物館探検ツアー」を開催しました。食農教育の一環として毎年開催し、小学生と保護者81名が参加しました。  
     

     太子町の松本良平さんのブドウ園で種なし巨峰の収穫体験を行い、参加者は「粒が大きい」「甘くて美味しい」と感想を話しました。

    IMG_2279

     
      IMG_2381

    その後、JA東部育苗センターでは、播種(はしゅ)から育成までの秋野菜苗作りの工程を見学。

     
     

    昼食は地元の農産物を使った料理を味わいました。

    IMG_2412  
      IMG_2432

    南河内郡河南町の府立近つ飛鳥博物館では、古代の農具等を見学し、古代の米作りを学びました。

     

     
     

    また、学芸員と近つ飛鳥風土記の丘を散策しながら、保存されている古墳の石棺を見学しまし。

    DSC00330  
      IMG_2395 土井広和専務は「ブドウ狩りやJAの施設見学で、農業に興味を持つきっかけ作りになれば嬉しい」と話しました。今後も、食と農の魅力を地域住民に伝える活動を行います。  
           

    大阪の旬をお届け

    JA自己改革2018.08.10

     

    JA大阪南実行組合長連絡協議会・JA大阪南は、8月10日、新鮮な旬の大阪産農産物をPRすることを目的に、JA大阪センタービル前(大阪市中央区)においてJA夕市を開催しました。

     image_04  
       image_08  

    当日は、「シャインマスカット」「ピオーネ」「ハイベリー」「瀬戸ジャイアンツ」などの「大阪ぶどう」をはじめ、「大阪いちじく」、「大阪なす」、「大阪きゅうり」、「玉ねぎ」、「紅ずいき」など、JA大阪南管内の新鮮な農産物を十数種類も販売。また、購入者にはJA大阪南農産物直売所『あすかてくるで』のパンフレットやマイバックもプレゼントし、管内農産物直売所のPRも行ないました。

     
       

    JA夕市は生産者やJA職員から直接農産物の話を聞けるのも特徴。「果肉のしっかりしている大阪なすは焼きなすにして食べるとおいしいですよ」や「ハイベリーや瀬戸ジャイアンツも皮ごとたべられますよ」など食べ方の紹介も行ないました。

    今回特に人気だったのが「シャインマスカット」や「ピオーネ」などの大阪ぶどう。中には個人用だけでなく、お盆のお土産用にと2つ、3つ同時に購入されるお客様もおられ、販売開始から1時間も経たずに完売しました。

     image_15  
       image_17  購入されたお客様からは「大阪でシャインマスカットを作っていることを初めて知った」、「今度、大阪ぶどうを買いに『あすかてくるで』にも行ってみます」など意見をいただき、盛況な夕市となりました。   
           
           
    1 / 3123
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.