JA大阪南のブログ

    農林水産省「農協との対話」を実施

    JA自己改革2018.10.16

     

    10月16日にJA大阪南は、全都道府県の各1JAと行う農林水産省の「農協との対話」事業に、役職員が応じ、農林水産省・近畿農政局・大阪府・JA大阪中央会が対話に参加しました。

    O  
      O

     農林水産省経営局協同組合組織課岩﨑泰典課長補佐は「農協改革は農協に対する組合員の評価を高めてもらう事に尽きる。農業の発展と地域農業の振興に、力を発揮してほしい。JAでは、時代の変化を捉えながら、自己改革として事業やサービスを行っておられ、政府は自己改革の後押しとしてこの対話を捉えているので、忌憚のない意見を交わしたい」と挨拶がありました。

     

     
     

     中谷清代表理事組合長は「大阪府下では、6月の大阪府北部地震に始まり7月の豪雨、9月の台風と被害が相次いだ。特に管内では、台風21号の影響で甚大な被害があり、国や大阪府へ要請・要望を行った結果、迅速に支援策を示していただき感謝申し上げたい。JAが行う支援策の後押しにもなった」と述べました。
    椿本吉成総務部長が、農業協同組合管内概況や自己改革取組の基本方針について説明しました。続いて、第6次総合3カ年計画に対する取り組みの進捗状況や組合員への開示・周知に質問がありました。

    O  
      O

    都市型JAでは直売所が「農業者と地域住民との繋がり、併せて農家所得の向上に繋がる」ということを、当JAの農産物直売所「あすかてくるで」2店舗の概況をもって詳しく説明しました。

    また、特に若い世代の職員で構成する自己改革プロジェクトチームの取り組みについて、他のJAには無い新しい取り組みと評価されました。

    第7次総合3カ年計画作成にあたって、昨年実施された全国農業協同組合中央会のアンケート結果に基づき、JA独自の事業やサービスを策定し、組合員組織へ報告するなど内容を精査して自己改革を進めていきます。

     
     

     

       

    廃棄農業用フィルムを収集

    JA自己改革2018.10.10

     

    JA大阪南営農指導課は、富田林市産業環境部農業振興課と10月9日10日の両日、台風21号で発生した廃棄農業用フィルムの収集を行いました。

    O  
      O

    回収については、事前に富田林市内農業者へ案内され、両日で57人(約10トン)が持参されました。

    富田林市内には、特産の大阪なすや大阪きゅうりの栽培用施設が数多く設置されており、施設に多大な被害がありました。

     
     

    JAでは、被災した施設のビニールハウスの再建費用の一部を助成する考えを示しています。

    今回の回収は、台風による被害を受けた農業用フィルムのみとし、パイプハウス等の鉄柱のものについては、営農指導課へ問い合わせを受け対応します。

    O  
           
           
           

    採れたてに会おう

    JA自己改革2018.10.02

     

    農産物直売所「あすかてくるで」は、10月2日の「直売所(ファーマーズマーケット)の日」に因み、10月1日からJAカードで1500円以上のお買い物をされたお客様に、ちょリスオリジナルレジカゴ用バッグのプレゼントを実施しました。

    O  
      O

    開店より金融部職員が対応し、レジバックはJA直売所限定品でなくなり次第終了します。

     
      対応した職員は「昨年から、直売所の支払いにJAカードを利用してもらうと請求時に5%の割引サービスがある。今回のイベントを通じて、もっとJAカードの利用が増えてほしい」と述べました。 O  
           
    1 / 512345
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.