JA大阪南のブログ

    太子総合防災訓練に参加

    イベント2018.02.25

     

    JA大阪南は、2月25日に太子町立スポーツ公園グランドで開かれた平成29年度太子町総合防災訓練に職員が参加しました。

    O  
      O

    訓練には、太子町民や多くの協力要請機関が参加し、被災状況収集・伝達訓練、初期消火訓練、倒壊家屋救出訓練、一斉放水訓練を行い、JAは救援物資輸送訓練に参加しました。また展示ブースでは、JA共済のパンフレットと粗品を参加者にPRしました。

     
      JA大阪南は、2017年7月13日に南河内郡太子町と「災害時の支援に関する協定」を締結しています。災害時、支援物資の保管場所として当JA施設の提供や、物資、車両などの提供を行います。 O  
           
           
           

    「奇跡の復興米」稲刈りを体験

    イベント2017.09.10

       DSC_8783

    9月9日、「奇跡の復興米」の稲刈りツアーを河南町で行った。大阪農業とJAへの理解促進、地産地消推進に向けた活動の一環。親子49人が参加しました。

     

     
      「奇跡の復興米」とは、東日本大震災の津波で被災した岩手県大槌町で、偶然見つかった3株の稲穂を岩手県のNPO法人が増やし、JAが譲り受けたもの。  DSC_8872  
     

    DSC_8948

    DSC_9031 

    刈り取った稲は、震災を風化させない復興のシンボルとして2014年に富田林市「岩手県大槌町奇跡の復興米」栽培委員会を立ち上げて栽培しています。今年度も、市内の16公立小学校でのバケツ稲や、JA管内の小学校、地域の子ども会などで栽培に取り組んでいます。

     
     

    中谷清組合長は「5月28日に皆で植えた稲(品種:ひとめぼれ)が、百日あまりで立派に成長した」とあいさつ。「明後日の11日は、東日本大震災の発生から6年半を迎えます。東北地方では日照不足などで穂が実らず、東日本では不作も懸念されています。本日参加のお子さま方には、この生命力の強い復興米食べて頂き、元気に育ってほしい」と述べました。

     DSC_8819  
     

    DSC_8936

    DSC_9037 

    刈り取りでは、同委員会メンバーやJA職員が補助しました。昼食は、刈り取り後の田で、復興米を使ったお弁当を食べました。

     
      その後、フルーツのもぎ取りや野菜の収穫体験が行える富田林市農業公園「サバーファーム」へ移動。ブドウ(ベリーA・巨峰)の収穫を体験した。地元産農産物が出荷される「あすかてくるで河内長野店」での買い物も楽しみました。 DSC_9054   
           

    オータムフェア2017開催

    イベント2017.09.09

     

    高向営農経済センター(小林卓二センター長)は9月8・9日に同センター前駐車場で「オータムフェア2017」を開催、2日間で延べ615人が来場しました。

    DSC_8621  
      DSC_8631

    会場では、農機具や園芸用品、農業機械や軽トラックなどを展示。また、墓石・石材やシロアリ・床下換気・省エネなどの相談コーナーで賑わい、空くじなしのお楽しみ抽選会も行われました。9日は管内支店職員がポップコーンを来場者に配布しました。

     
      JA大阪南の各営農経済センターは、地域農業生産に必要な資材や生活物資の供給に力を注ぎます。 DSC_8621  
           
           
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.