JA大阪南のブログ

    親子で考える「協同組合」早わかりQ&A その12

    コラム2013.02.21

    kumiai02_01

    JAグループでは、3年ごとに全国のJA共通の取り組み方針を決める、「JA全国大会」という会議を開いているのよ。最近では去年の10月に、第26回大会が開かれ、さまざまなことが決められたの。

    その中で、「JAグループ」の10年後めざす姿として、提示されているのが、
    (1)安全で安心な国産農畜産物を持続的・安定的に供給できる地域農業を支え、農業所得の向上を支える姿
    (2)協同の力で豊かで暮らしやすい地域社会の実現に貢献している姿
    (3)次世代とともに、「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」として存立している姿
    の3つよ。
    kumiai02_02

    あなたが大人になっても、農業が盛んで安心して暮らせる社会を実現していくことが、JAには求められているのね。

    親子で考える「協同組合」早わかりQ&A その11

    コラム2013.01.30

    JAは、農業のこと以外にも、暮らしや地域のことなど、さまざまな事業をおこなっているよね。もし、そんなJAがなかったら・・・・・・。

    たとえば、選果場や農業倉庫、大型の直売所など、個人で所有できないような施設はなくなるし、JAならではの、地域のニーズに合わせたきめ細かいサービスも、利用できなくなるんだよ。

    それに、農産物の生産調整や、大規模栽培によるブランド化、生産資材の共同購入など、力を合わせて行うことで、有利な価格を実現するのが、難しくなってしまうんだ。

    ふだんは、当たり前すぎてあまり意識しないけど、JAは、営農や暮らしにまつわるいろいろな場面で、僕たち組合員の“助け合い”を支えてくれているんだね。

     

    親子で考える「協同組合」早わかりQ&A その10

    コラム2013.01.17

    「組合員組織」は、「同じ目的を持った、組合員の集まり」のことなの。だけど、JAの組合員には、いろんな人がいて、その思いや願いはさまざま。だから組合員の中で、立場や考え方が近い人が集まって、活動を通じて、自分たちの声をJAに届けるためのしくみができたの。それが「組合員組織」なのよ。

    たとえば、お母さんが仲間と、女性部のフレッシュミズ部会で、料理教室をやっているのは、「料理のレパートリーを増やしたい」「料理が上手くなりたい」っていう、グループに所属するみんなの願いを叶えるためなの。

    「組合員組織」には他にも、住んでいる地域ごとの「集落組織」や、農業後継者が集まる「青年組織」、品目ごとに生産者が集う「作目別部会」、組合員の交流を図る「事業機能別組織」など、さまざまな組織があって、それぞれ活動しているのよ。

    1 / 41234
JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.