JA大阪南からのお知らせ

新年のご挨拶

JA大阪南2016.01.01

代表理事組合長 中谷 清

代表理事組合長 中谷 清

新年のご挨拶

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
組合員並びに地域の皆様方におかれましては、ご家族お揃いで健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。
平素はJA事業全般にわたり、深いご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
世界経済に目を向けますと米国経済が復調する一方、世界のけん引役になってきた中国など新興国経済の勢いの鈍化が目立ち、中東情勢はこれまで以上に混迷をし、政治・経済に負の影響を及ぼしています。
国内景気につきましては、政府・日銀は「緩やかな回復基調が続いている」としていますが、消費の改善テンポは遅れ、停滞色の強い状況となっており、主要経済指標を眺めても、増税後の反動減が長引いている様子が見て取れます。
そのような中で農業を取り巻く環境は、農業就業人口の減少と担い手の高齢化・後継者不足を背景に、耕作放棄地が増える現状に変化はなく、追い打ちをかけるようにTPP(環太平洋連携協定)の政策大綱が決まりましたが、農家の不安は残り、成長産業化への道筋も不透明であります。
さらに昨年7月、成長戦略の目玉としていた農協改革法案が可決・成立し、全中の一般社団法人化や中央会の連合会への移行、公認会計士監査の導入など、JAグループがこれまでに経験したことのない組織の大転換が要求されています。
このような状況の中、平成28年度に向け「第27回JA全国大会」と併せて「第23回JA大阪府大会」の決議に基づき、第6次総合3ヵ年計画(平成28年度~平成30年度)を樹立し、JA大阪南のさらなる充実を目指すべく、「地域農業の振興」「地域の活性化」「健全なJA経営」「広報活動」の四つの柱を軸に取り組んで参ります。
顧りみますと昨年8月には、「あすかてくるで羽曳野店」が開店以来の来場者数500万人を達成し、開店一周年を迎えた「あすかてくるで河内長野店」と併せて安全安心な地場産農産物を消費者の方々に提供し、地産地消の促進や地域農業の発展と更なる農家所得の向上に取り組んで行く上での力強い後押しとなっております。これも偏に皆様方のご協力のお陰だと感謝申し上げる次第でございます。
また一昨年から「東日本大震災を人々の記憶から風化させない、東北の復興を願う気持ちは忘れない」と復興米の栽培に取り組んでおり、昨年は岩手県大槌町へ復興米の里帰りという形で私自身も直接現地へ出向き復興支援を形にする事が出来ました。
今後も、JAを利用される方々にもっとご満足を頂ける事を目的として、昨年よりCS(顧客満足度)改善プログラムを実施し、29支店・4営農経済センター・自動車農機整備センター・農産物直売所2店舗でCS活動を始めました。まだ始まって間もない取り組みですが、利用者の求めるサービスを適切に提供し、その役割をきちんと果たし、地域で必要とされるJAとなるよう更なる努力を傾注する所存でございます。
結びになりましたが、本年も皆様方にとりましてご健勝で素晴らしい年になりますようご祈念申し上げますとともに、これまでにも増して皆様のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げまして年頭のご挨拶とさせていただきます。

2016年元旦

代表理事組合長 中谷 清

JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.