main_img

笑顔の実り。vol.058

にしだ ひろあきさん|58歳

藤井寺市 林 西田 浩章さん

夫婦いっしょに笑いながら

IMG_2460

IMG_2534

5年プランで就農

子どもの頃から両親の農作業を手伝い、畑が遊び場だったと話す西田さん。将来は農家になるのだと漠然と思っていたが、苦労する父の姿を見て、卒業後は企業に就職した。しかし、50代になり今後の人生を考えるようになると、次第に「農業をやりたい」という思いが強くなっていった。本気でやるなら、身体が元気な今のうちに準備を進めたほうがいい。 「会社で働いていたけど、心のどこかで『いつかは農業をやりたい』とずっと思っていました。退職後に農業を始めても、気力だけで体力がついていかないはず。妻にも相談して、58歳になったら会社を早期退職することにしました」 スムーズに農業が始められるよう、早期退職までの5年間、就農計画を立てた。就職してからも休みの日は畑に出ていたが、本格的に農業を始めるにあたり、栽培面積を増やすことにした。妻のいづみさんにも協力をお願いし、どんな作物を育てれば良いのか話し合った。農業1本で生計を立てるのは難しい。副収入のことも考え、プランを練った。 58歳になった今年、西田さんは予定通り会社を辞め、農業の道に足を踏み入れた。

父親の存在

米とイチジクをメインに、エダマメ、ハクサイ、ナス、キュウリなど、西田さんは季節ごとに様々な農産物を育てている。始める前は何でも作れると思っていたが、農業はそんなに甘くない。温度管理に失敗して作物がうまく実らなかったり、除草シートを敷かなかったせいで、1日中草むしりに追われたこともある。なんとか作れるようになった今も、やればやるほど、農業がいかに難しいか思い知る。 「亡くなった親父は上手に作ってたんだなぁと、今になって思うんです。手伝っていたから畝の作り方は分かるけど、肥料をいつ撒いたのかは知らない。残してくれたメモを見たり、後姿を思い出しながら農作業しています。親父が元気なころにもっと学んでおけば良かったですね」 いま使っている農業用ビニールは、父親の知り合いから譲ってもらったものだ。父親の存在は、西田さんの農業に大きな影響を与えている。

IMG_2493

IMG_2538

妻と2人で

1人で黙々と作業しても、つまらない。楽しいことや辛いことを共有できる相手がいると、農業は楽しくなる。西田さんは妻のいづみさんが側にいるからこそ、農業に打ち込めるのだと話す。 いづみさんの実家は淡路島の農家。農芸高校の出身で、昔から農業に囲まれて育ってきた。当時を振り返り「農繁期になると家の仕事を手伝うため、学校が休みになるんです。一生懸命畑仕事を手伝ったことを思い出します」と話す。 「農業だらけの生活だったから、結婚して大阪に来た時は、やっと農業から離れられると思いました。なのに、また畑に出ることになるなんて」と笑う。 遠ざかっていた農業だが、やってみると意外に楽しい。良い物が収穫できると嬉しいし、農産物直売所「あすかてくるで」に出荷し始めると、売り上げ報告のメールを見るのが毎日の楽しみになった。どんどん農業の魅力にはまっていき、今では朝5時には畑へ出て、出荷用の農産物を収穫する。 1人では畑に出るのが辛い日も、2人一緒なら頑張れる。西田さんはいづみさんに感謝している。 「私が留守のときは代わりに作業してくれるし、よくやってくれています。2人で話をしながら農作業するのは楽しい。ときどきケンカもするけど、これからもよろしくお願いします」

新たな繋がり

農業を始めると、様々な人と話す機会が増えた。特に「あすかてくるで」の出荷者とは仲が良く、家族揃ってご飯を食べに行くこともあるそうだ。農業のことから世間話まで、雑談の中で情報を交換している。 「ホウレンソウの芽が出ないことを相談したら、種を濡れタオルでくるんで温めると良いことを教えてもらいました。仲間と話すのは気分転換になるだけじゃなくて、勉強になります」 会社勤めを続けていたら、こんなに沢山の人と出会えなかっただろう。

IMG_2489

次の世代へ

後継者について尋ねると「子どもが後を継いでくれたら嬉しい」と西田さん。近くに住んでいる息子さんに、少しずつ農作業を教えているそうだ。 「今年は田植えを教えたので、来年は稲刈りかな。働いているので休みの日だけですが、少しずつ農業に慣れていって欲しいです。怒ったら嫌になると思うので、ヘタでも『ま、最初はこんなもんちゃうか』って、優しく教えてます(笑)それに、就農したばかりなので、私自身もまだまだ分からないことがある。少しずつ出来ることを増やしていきたいです」 いづみさんと共に笑いあいながら、これからも農業を続けていく。

JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.