笑顔の実り。vol.064

たなか しんじさん|66歳

河内長野市 天野町 田中 眞司さん

父の背中を追いかけて

IMG_6271

IMG_6286

ミカン栽培のはじまり

河内長野市の天野町では、ミカンやカキ、ナシなどの果樹が多く作られている。実は、この地でミカンが大々的に作られるようになったのは、今から50年ほど前からだ。田中さんの父親ら近隣の農家が、山を開墾したことが始まりだった。 1964年、9軒の農家が集まり「西高生産組合」が結成された。目的は、未開の山をミカンの生産地にすること。荒れた山を耕し、苗木を植えていった。 「当時、国からかなりの補助金が出たようです。当時は需要があったんでしょうね。今は若い人を中心にミカン離れが進んでいますが、昔はコタツでミカンを食べるのが当たり前でしたから」 共同で水やりが出来るタンクなど、設備も整えて、ミカン作りはスタートした。田中さんの父親は質の高いミカンを作ることで名が知られており、除草剤を使わずに手で草を引くなど、手間を惜しまない人だった。ミカンは評判を呼び、ピーク時には2500本まで増えたそうだ。夫婦で育てていたが、収穫など忙しい時は他県から手伝いを呼び、休む暇なく収穫に追われた。 そんなミカン作りも、父親が年齢を重ねるにつれ面積が減り、晩年には、木の数はピーク時の約5分の1になった。 「追い打ちをかけるように父親が突然亡くなり、農業を継ぐかどうか選択を迫られました。父が苦労してミカンを育てたのに、私の代で荒らしてしまっては勿体ない。営んでいた撚糸工場が時代のあおりを受け、低迷してきたこともあり、思い切って継ぐ決心をしました」 今に至るまで10年間、ミカンを中心にカキ、米などを育てている。

勉強の日々

収穫など、忙しい時期に手伝うだけでは、実際の作業は分からない。見るのとやるのでは大違いだ。田中さんは父が残してくれた作業帳を見て、少しずつ作業を覚えていった。 「父は毎日、その日にどんな作業をしたか記録していました。いつ、どんな肥料をまけば良いのかなど、作業帳があったおかげで知ることが出来ました。ほかには、農業の先輩たちに教えてもらったり、JAの職員にもお世話になりました。農薬のことや予防の時期など、聞けばすぐに教えてくれたので助かりましたね」 剪定の講習会にも通い、知識を身につけた。果樹の栽培において、不必要な枝などを切り、木を整える剪定は重要だ。 「成芽(※)は基本的に切らないようにと教えてもらったのですが、どれが成芽なのか分かりませんでした。剪定を失敗すると実がつかないので、今も勉強中です」(※)…今年結実する芽のこと山が近いので、虫やイノシシの被害に合うこともある。一度、イノシシに畑を荒らされ、大きな被害を受けた。それからは、ワイヤーメッシュを設置し対策したり、駆除活動に力を入れている。田中さんはわな猟免許を取得しており、地域や猟友会の協力を得て、1年間で28頭のイノシシを捕獲したことがあるそうだ。 「最近、あちこちでイノシシの被害が増えてきています。なのに、周りでわな猟免許を持つ人の数は減るばかり。もっと沢山の人に免許を取って欲しいし、自分も駆除活動に貢献していきたいと思っています」

IMG_6306

IMG_6217

農地を守る難しさ

農家の高齢化が進むなか、田畑を維持していくのは大変なことだ。田中さんは近隣の農家3軒と協力し、共同で田を管理している。 「農地を維持するために頑張っていますが、状況は厳しい。回りの農家から、年をとって農作業出来ないからと、田の管理をお願いされることが増えています。また、ミカン畑の周りに耕作放棄地が増えると、害虫が増えたり木が伸びて日当たりが悪くなる。自分の畑にも影響が出ないよう、許可を取って木を伐採することもあります」 河内長野市の天野町では、農業を継ぐ若い人がいない。農業だけで食べていくのは難しいし、農機具はコストがかかるので、農業のハードルは高いままだ。 「忙しいときは息子たちが手伝いに来てくれますが、継いで欲しいとは言えませんね。国には、補助金を出すなど、もっと本腰を入れて農業を支援して欲しいと思っています」

妻に感謝

田中さんは、共に農作業を行う妻の富美子さんに感謝している。 「今まで、2人3脚で一緒にやってきました。農業はひとりでは絶対に出来ない。妻の支えがあってこそです。家族だから、たまに意見が食い違うこともありますが、息を合わせてこれからも続けていきたいですね」 田中さんのミカンは昨年、大阪府果樹品評会で優良賞を受賞した。「自分が受賞できたのはまぐれだから」と恥ずかしそうに笑う。 「父は本当に良いミカンを作っていましたから、まだまだ遠い存在です。良いものを作って追い付けるよう、もうひと頑張りですね」 父の背中を追いかけて、これからもミカンを作り続ける。

JA大阪南

JA大阪南 〒584-0036 富田林市甲田3丁目4番10号 TEL:0721-25-1451

Copyright (C) JA-OSAKAMINAMI. All Rights Reserved.